2014年1月9日木曜日

【Mini-Z】VE-ナロー(JKB86 50thアニバーサリー)

 というわけで、青モーター仕様のVEシャシーが届いた。


 付属ボディはJKB86。
 女子RCクラブとかいう京商が立ち上げたプロジェクトチームのカラーリングが施された86。
 
 レーシングカラーであることには違いないので、ポチるにあたって躊躇はなかった。
 ただし、使用するボディは相変わらずS15なんだが。


 さて、青モーターはRMシャシーとか白モーターに合わせていたシャシーに使用するのがベストなチョイスなはず。
 キットも86なので、当然RMナローシャシー。

 これでモーターが回らないだの調子悪いだのという悩みからは開放される一方、勝敗をモーターのせいにできない自分に厳しい世界がやってきます。
 それでも、メンテしても回らないモーターにがっかりする虚脱感がなくなるのは大きい。


 あと一台は追加で用意したいところ……なのだが。
 合わせようと思ったのは、NSX-GT。
 自分的には、そのNSX-GTとS15、そしてHSVを走らせたいがためのミニッツでありR/Cなわけなので、最低限そこまでは必要だと考えていた。

 そして、RRCの新レギュレーションには、白モーターor青モーターのオープンというクラスがあり、通常ならRMナローをみなチョイスするだろうが、そこをワイドであるNSX-GTでいこうと思っていた。

 だがしかし、新レギュにはなんと、イーグルや3レーシング等の社外オプションパーツの使用は認めない……! と書かれている。
 NSX-GTはRMマウントでさえ、イーグルのそれを使っていたので、完全に出番はなくなった。
 どれだけ使うかわからないし、マウントから新調するのもきついので、VE化は断念。

 そういえばハイマウントも使わないから処分を検討しないとなぁ。


 で、新シャシー。


 ボールデフとベアリングが標準装備。
 ボールデフは色が違う。
 このへんは、現在使っているやつと総取替えなので、あまり意味はない。スペア程度か、ヤフオク行き。

 基板からモーターへの配線が、やわらかいより線に変更されている。
 初期ロットのVE(赤モーター)の線は硬かったので、よく断線していたからその対策なのだろうけど、やわすぎる気もする。


 なので、多少めんどくさくても、付け根部分はゴム系接着剤で固めておく。
 これを省略すると、あとでもっとめんどくさいことになりそうなので。

 RMナローシャシーのコンバージョン作業は、この接着剤が完全に乾くまで一時停止。
 完成と動作確認は、また次回。


0 件のコメント:

コメントを投稿