2014年1月10日金曜日

【Mini-Z】RMナローVE ロールアウト直前

 VEエコチューン搭載のRMナローは、とりあえず組み替え完了。


 メインシャシーとモーター以外は既存のシャシーからそのまま移植。
 モーターの配線が異様に長いのが特徴的。
 こんなもん、収め方なんにも考えずに作ったのと違うだろうか?
 幸い自分のセットではピッチングダンパーをつけないので、こういう収め方ができたけど、ピッチングダンパーをつけてセットしている車両は、とにかく配線やコネクターがウザいだろう。
 ヘンにまとめると重さになるし、フリクションの動きを邪魔してしまうなら本末転倒。
 メーカーはもう少し慎重に考えて製品化を行ってほしいもんだ。

 とまぁ文句はそのへんで置いといて。

 ペアリングしてから、モーターをレーシングさせてみた。
 静かな回転なのはVEだから?

 スピードチェッカーで速度を計測してもよかったけど、今回は回転数をまず計ってみた。
 といっても、スマホでできるあのアプリを使ってだけど。
 (そう思ってアプリ製作者のサイトを、ひさしぶりに覗いてみると、サーバーが故障したとか……)


 さて、VEの回転音には対応しているのかどうか、詳しい理屈はわからないけど、とりあえず期待値程度の回転数は計測できた。

 だいたいこんなもんでしょ。
 たしかVEエコチューン(青モーター)はKV値が5,600だから、だいたい26,000~27,000rpmになるはず。
 結構、正確に出ているんじゃないかな。

 バチバチの白モーターの最高回転数35,000rpmとかにはさすがに及びもつかないけど、ほぼ安定したパワーを供給できるVEは、最高速度だけじゃないものがあるのではないかとひそかに期待。

 問題は、その安定したパワー供給に、セッティングを合わせられるかどうかに尽きる。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿