2013年10月17日木曜日

【Mini-Z】コミックレーサー本格始動

 と、いうわけで。
 ミニッツバギーはいよいよ本格的にコミックレーサーにスイッチすることになりました。

 ただまぁ、オプティマのボディは付けてても、コミックレーサーのボディは載るので、いつでもバギーに戻れるんさ。


 このままボディを被せるだけでいい。
 HSLのカーペット路面では、スポンジタイヤ禁止だというので、三田のウレタンコースに行ってみた。
 そして、念願のスポンジタイヤを装着。
 硬度はソフトしか手に入らなかったので、前後ソフトで。

 しかしソフトだとタイヤグリップが非常に高い。
 バギー用の安いボールデフをリヤに入れてたけど、それではスピンモードが早すぎてまともに走れない。
 フロントのグリップが半端なものではない。

 そこで、AWDグリップでさんざん悩んだ経験から、やはりフロントでひっぱる方が走りやすい結論を得ていたので、デフの前後入替をする。

 スタビライザーを導入しているせいで、めんどくさいのなんの……
 フロントにバギーデフ。
 リヤはノーマルのギヤデフ。

 これだけでだんぜん走りが変わる。
 スピンはしなくなったし、このバギーボディのままだったからか、コケもしなかった。

 ただし、リヤのギヤデフは破損率高し。
 bbモーターということもあり、結構な負担を受けているんじゃないかなと。
 やはり、お高いボールデフを奢ってやらねば、結局高くつきそう。


 そしてボディ。



 これだ。
 クリアを購入した理由は、コミックレーサーユーザー二人が、同じ完成ボディだったので、ここでさらに同じカラーリングのボディで走りたくなかったから。
 ミニッツレーサーのプラボディと違い、ポリカーボネイトボディは、素人塗装でも垣根は低い。


 フィッティング。
 塗装前にやっておかないと泣く。

 ボディの寸法は、バギーシャシーのトレッドにあわせてツラで作れば、もう一回り小さくスタイリッシュにできたと思うんだが、デザイナーはなにをやっていたんだ!?

 ホイールがレーザー用のこれしかないので、もうすでに電車状態(タイヤがボディの中に入ってしまっているスタイルで、前から見た電車みたいってこと)。


 デカラジのシルビアに塗ったブリリアントブルーが余っていたので、それを振る。
 こうしてやっていると、もはやミニッツではなくデカラジ。
 これ、カテゴリ的に何に入るようになるんだろう? ミニッツでいいのか?

 遠からず放置カテゴリになるだろう予測と諦めはあるのだが。。。

 レーザーのタイヤ付けて、外で走らすのもアリだろうな。
 ラリーって感じで(こっちもかよ)


0 件のコメント:

コメントを投稿