2013年9月11日水曜日

【Mini-Z】VEはウレタン用

 VEはウレタン走行用としてセットしている。
 それが、前はそこそこ走れてたはずなのに、このたびまったく走れなくなったので、セットを見直そうと思う。

 ミニッツカップが近いので、チーム内にはそこに焦点を合わせて調整している人が数人いて、助言やらいれながら作ってみる(オープンクラスをVEで出るらしい)。
 まぁ自分はカップに出るかどうかはわかりませんが。

 ともあれ、運動性の不具合(アンダーやオーバーやら)以前に、舵残り感が半端じゃない。
 最終コーナーを立ち上がってフルスロットルっていうときに、最終は右コーナーなので、右にそのまま突っ込んでいくという。
 リヤオーバーステアじゃなくて、カクっと右に折れる感じ。
 回転半径は大きいので、スピンモードではないと思う。

 んで、ステアリングサーボまわりのひっかかりとか、そういった影響があるってことで、総メンテナンスを。


 ギヤボックスはきれいきれいして、最後にドライルブを振ってみた。
 もともと動きが渋いというほど渋くもなかったけど、気休め程度にとりあえず。

 リヤ車軸ベアリングも、例によって回転が悪くなっていたので、こいつも洗浄。
 駆動が均等に伝わらなかったら、真っ直ぐ走りようがないのは当然のこと。


 組み上げてみる。
 タイヤはフロントはラジアル30目無しくらい。ラジアル目ありは食いすぎて、余計に壁に突っ込むだろう。
 リヤはラジアル30新品から。
 溝がなくなったあたりで、もう終わるレベル。

 これでリトライしてみたんだけど、やっぱり舵残り感はあって、直進がまったく安定せず。
 ハシモトさんの助言をいれて、リヤの車高を下げて、後ろ下がり姿勢をとってみる。
 それまでは全上げ状態。
 フロントも1mm下げだった。

 フロントは0.25mm下げにして、その分ナックル上に1mm入れてキャンバー量を増やしてみた。
 あとそれで、ふとボールデフを緩めてみた。

 実はそれが悪かったのだろう。
 なーんとか走れるようになった。

 調子が出てきたな~って思ってたら


 線が切れやがった。
 忘れていた頃に切れるとはやるな……。


 追記
 コミックレーサーにスポンジタイヤを履かせて走らせると、思った以上に面白かった。
 ラバータイヤを出せば、アスファルトやコンクリート路面いけそうだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿