2013年6月23日日曜日

【TA-05R】中古TA-05分解整備01

 M-05とTG-10をヤフオク!にて出品し、無事買い手がつきました。
 もうMシャーシ所有者ではなくなりました。
 ま、Mシャーシは当分いいかな……。
 その代わりといってはなんですが、知人よりTA-05Rなるミドルエンドシャーシを買い取ったりした。

 IFS仕様になって草レースにも参加していたという、青いパーツがたくさんついているモノです。
 TT-01Rが西脇みたいな荒れた路面用ぶつけても飛んでも無問題な適当シャーシとすれば、TA-05Rはきれいな路面用。
 現在未だ現役中のTA-05なので、シャンとさせればまだまだ楽しめるかなと。

 そういうわけで全バラシして掃除、そして組み直しをやってみようと思う。


 ツーリングミドルシャーシは初めて触るので、取説もタミヤからDLしてボチボチとやっていく。
 TT-01やXV-01に比べると、さすがに駆動系のバラしやすいこと。
 んでも、フロントにワンウェイデフが入っていますが、これはポイ(笑)。
 標準のボールデフを固めでセットしようと思う。


 しかしフロントのデフを抜いたところでちから尽きる。
 今日はなんだか熱っぽいし、体がだるいので明日以降に~。

 ところでTA-05Rには、静電気帯電と急放電によるノーコン、受信機の損傷という問題があるそうです。
 タミヤのアナウンスによると、軽量ロワデッキに交換することを勧めているようです。
 ちょっといろいろ調べていると、オプションの青いドライブベルトが、通電性がなくベルトとプーリーの摩擦によって帯電しているようなのです。
 それを純正の黒ベルトに替えると、ぎりぎり放電作用があって、静電気が帯電しにくくなるのではないか、とのことでした。

 このシャーシも持ち主が、静電気のことを言っており、フロントのステフナーに逃がすための導線をネジに共締めしていました。
 そしてこのシャーシには、その青いドライブベルトが装着されている……。

 ここはサラっと黒ベルトに交換しておくか。


 ああ、あとTT-01とXV-01のオイルダンパーをメンテしました。
 XV-01は標準#900のクリアオイルなのは覚えてたけど、TT-01は何を入れていたかさっぱり忘れた。


 しょせんCVAダンパー(プラシリンダー)。
 なんでもいいや、ってことで、どうせ#900と#1000しかないから、#900入れておいた。
 しかし、途中でなくなり、なんか小型サイズの入れ物に、少しだけ余っていたので、それを足した。色はクリアだけど、実際のところ粘度は不明(笑)。


 塩バニ君がフリマで1000円で買ってきたとミニッツでは使いもしないコレが活躍。
 あ、一応販売価格は3000円くらいなので、ご安心を。(580円で買えるのに、って冗談で言ったらショックを受けていた)


 XV-01の方は、TRFダンパー様です。
 これはぞんざいに扱うなどとんでもない。
 バネレートも変えて車高調整してみたけど、もとがラリーベースシャーシなので、ロールセンターがうまくとれないかも。
 近々、サーキットで試してみたいね。


0 件のコメント:

コメントを投稿