2013年5月3日金曜日

【Mini-Z】WML京都遠征

 ゴールデンウィークを利用して、メンバーと一緒に、京都にあるWEST MINI-Z LINKにお邪魔してきました。

 この日は夜からレースがあるとのことで、他にも関東から遠征組があるとのこと。
 わたしらはさすがに遅い時間まで遊べないので、レース前には終わりますが、そのおかげでか、カーペットコースはほぼ独占状態でした。

 一緒に走った他の方たちにおかけした迷惑は、この場でお詫びしておきます。
 それくらい、いつものノリのまま他所のコースに参加したのでした。

 とりあえず、当初の目的だったのは、広島のリベンジということで、JSCCセットの京商石川氏曰く「S14」シルビアこと、S15をウレタンコースで走らせた。
 タイム計測はせず、初見で当たらずスムースに走れるか試したかったのです。

 大型コースとはいえ、カップコースとは場所も雰囲気も心臓にやさしいので、攻略は当然無理でもなんとなく走れてしまった。
 広島のときとはセットを変え、速くはないけどミスが減るような感じにしていたのが落ち着いて操作できる部分だったかと。
 ただ、そこで速い人のJSCCマシンの走行姿勢を見ると、もう全然違う。
 早々に退散して、カーペットコースに没頭しました。


 先日組み上げたポルシェ934RSRターボ。
 こいつがHSLでもなかなか好感触で、今のお気に入り。
 インリフトしながらの高速コーナリングは、いかにもポルシェ!という感じで脳汁がでる。
 

 ポルシェは都合4台集まっていたので、見栄えがあった。
 結構、戦えるんじゃないかと思うんだけど……。


 コースレイアウトは前に来たときと変わっていなかった。
 これで四度目のWMLなので、さすがに慣れておりとまどうことなどなかった。
 セットも、皆と楽しく走るレベルでは、HSLのままで十分。
 
 6時間ほどお邪魔して撤収。
 行きは渋滞にかかったけど、帰りはすいすい。

 京都での戦利品は、なんと言っても以前から懸案事項であった、ICSセッティング用のブルートゥースアダプターを、VE対応に改良してもらうこと。


「VE対応版」ステッカーがついた!
 ただしこれはもう販売が終わってしまったらしく、もう手に入らないとのこと。
 USBで接続する方は継続しているようだけど、これはAndroidスマホ側に、USBホスト機能がないと使えないので、自分が使おうとしているXperia arcでは使えないのでブルートゥース版の方が重宝します。

 ふつうのMR-03基板もVE基板も、これとスマホで設定できるようになった。
 充電器もスマホで操作するし、ビバ、ハイテク!

 あと、KANさんにこれを貰った。


 タイヤ径を確認するヤツ。
 カップのレギュレーションで規定されている、タイヤ径23.0mm以上なのを、これで一発確認できる。
 ちょっと前に発売された黄色シャシーの付属品で、余ったからと譲ってもらえた。
 こいつぁうれしいぜー。前から欲しかったけど、通常版(青)をわざわざ買うほどでもないと躊躇っていたところだったのだ。
 ありがとうござりまする。


0 件のコメント:

コメントを投稿