2013年4月24日水曜日

【Mini-Z】VEの線切れたった

 よく切れるよく切れると言われながら、これまで「切れてなーい」(古)VEのモーターコードがついに切れた。

 そもそもの発端は、Zengさんが走行中にモーター根元の線を切ったという情報を得たことからだった……。
 コードの負担がかかるところは、シューグーなりスーパーXなりで固めておこうと、分解したときだ。
 どうも基板側の線がぷらぷらしている。

 ちょっとひっぱったら、プチって切れた。
 なんというカルシウム不足!


 赤い線と黄色い線がやばい。
 青い線はまだ大丈夫だったけど、すべてハンダし直すことにした。


 やり直しなのだから、純正みたいにカシメ端子で立ち上がり接続はせずに、寝かし気味で。
 ……青い線が黒に変わっている。

 いや実は、青い線を取って皮むきしているとき、モーター側のコネクタ部分が、プチって切れた。
 今度はそっちか!
 と、反対側も皮むきして、被覆をむしりとるとき、中の銅線も一緒に抜けてきたという。


 今まで電気工作を幾たびかやってきているけど、こんな仕打ちは記憶にない。
 抜けた瞬間、乾いた笑いが出た。
 というわけで、手元にあった単四用電池ボックスの配線が、ちょうどいいスケアだったので、流用。黒い線に変わったのである。


 モーターの方もシューグーで補強しておいた。
 こんなところが切れられたら、もうどうしようもない。


 動作確認。
 とりあえず動いたみたい。


 収縮チューブ巻いて、タイラップでまとめて完成。
 今日は休みで昼からジョーシンでも行こうかと思っていたのに、とんだ足止めだぜ!

 しょうがないから、撮っておいたSuperGTの開幕戦を消化した。
 HSV速いなぁ。
 小暮も塚越も最終コーナーまで攻め気まんまんで、見てるこっちが緊張する。
 今年こそRAYBRIG無双になって欲しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿