2013年4月17日水曜日

【Mini-Z】HiTEC X4 Advanced

 ハイテックから新発売のAAAサイズニッケル水素電池充電器『X4 Advanced』を買った。



 現在使用していて、ミニッツやっている人には定番の、パワーレックスMH-C9000に代わる充電器として2個GET。
 特徴はアナウンスにあるとおり、スマホと連動!
 あと、内部抵抗やら充電時の電池温度やら、状態のいい電池を知るためのデータが読める。
 そのへん、MH-C9000ではできなかったこと。


 さっそく、スマホとペアリングしてみた。
 iPhone用のアプリも開発中(というかAPP申請中?)なので、そっちでも対応可。
 
 最初、Nexus7(4.2.2)でペアリングしたら、コネクティングしたとたん強制終了していて、アプリの脆弱さ加減でがっかりした。
 その後、Xperia arc(2.3)ではそれなりに動いたのでよかったわけだけど、それでもときどき強制終了しやがる。
 そんで、Nexus7でもつながるようになったものの、UIのグラフィックがズレて表示されるという……。
 さっさとアップデートしましょうね。


 接続と動作確認ができたので、PIT-BOXに設置する。


 MH-C9000よりひとまわり小さいおかげで、特に問題なく設置完了。
 充電器背面にファン(排気じゃないみたい)がついているので、使用時はスタンドを立てておかないとヤバそう。

 で、スマホとの連携だけど、これが思った以上に便利。
 MH-C9000では、セルごとに充放電の値をセットしていたけど、これでは一括セットができる。
 充放電中の各種データも、主なものは四本いっぺんに表示されているので、スマホでスクリーンショットを保存すれば、決めた時間のデータが保存できる。
 そこは手動だけど、MH-C9000のことを思えば、なんの手間でもない(笑)。



 アプリのほうで、あらかじめ設定した時間になるとスクショ撮る機能でもつけば、なお完璧なんだよねー。

 で、UIの下にある「詳細情報」をタップすれば。


 単セルごとのデータが表示される。
 重要視するのは、やはり内部抵抗。
 こいつが小さい方が、元気のいい電池ということになる。

 これで似た状態の電池四本を1セットでパックしやすくなるので、これから重宝しそうな充電器です。


0 件のコメント:

コメントを投稿