2013年3月10日日曜日

【Mini-Z】RRC第三戦

 本日はHSLで行われたRRCの月例レース、2013年度の第三戦でした。

 レースカテゴリはオープンクラスとハイマウントクラス。
 予定通り、Android787BとDS3セバスチャン号が出走。

 参加人数はオープンクラス17名、ハイマウントクラス16名と、今回も過去最多レベルの賑わいとなりました。
 ブロック分けはAメインからCメインの3ブロック。

 マルコは前回、オープンクラスは撃沈でしたが、ナロークラスで一応、Aメインで終了していたので、予選の組み合わせがAメインで走ることになりました。
 予選の結果によってブロックが変わってくるのですが、初めて決勝を最初からAメインで走ることができる結果を取れました!

 ただ、恐ろしいことにAメイン中段からCメイン上位までが、ほぼ同列の予選結果というイモ洗い状態。
 ワンミスでCメインまで直滑降します(第二戦で自分がそうだった)。
 今回、オープンもハイマウントも同様の結果だったので、全体的な技術の競り具合が寿命縮ませるレベル。PM2.5なぞ目じゃない。


 路面状況は、3月で暖かくなっていたのだけど、なんか昼から大雨が降って急に底冷えしているのに、雨の湿気でカーペットグリップが高くなるという、なんとも悩ましいコンディションとなり、タイヤの選択次第ではグリップしたり滑ったりとちょっと荒れ模様でした。

 荒れ模様といえば、ディフェンディングチャンピオンがまさかの両クラスBメイン落ちで、オープンクラスではRRC創立メンバーのうちの御三家が仲良くBメイン決勝という笑い転げ深刻な事態となりました。
 Aメインへの勝ち上がりはBメインの1位と2位の二人だけなので、御三家のうちひとりは消えねばならない。さようなら。

 で、結果はオープンクラスはAメイン3位。
 ハイマウントクラスはAメイン4位でした。
 今回はAメインから決勝出走なので、表彰台はなかばあきらめていたけど、オープンクラスでなんとかゲット!



 一時は、Bメインからお越しいただいたディフェンディングチャンピオン(チャージマツダ)にコンマ3まで迫ったけど、ちょいとミスが続いて、さらにあの青いヤツにまで抜かれて終わってしまった。
 まだまだこの辺が天井のようです。

 10分66週走れたのも自己ベスト。
 十分満足できるレースだった。


 はい、集合写真。
 参加された皆様、おつかれさまでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿