2013年3月15日金曜日

【Mini-Z】ラリークラスのタイヤが。

 2013年のミニッツカップでも、一応ラリークラスというのは存続しているようです。
 しかし、レギュレーションで使用するタイヤがハイグリップ60ではなくなり、ドリフトタイヤになっているようです。

 京商のHPでは未だに2012年のレギュレーションを掲載したままですが、開発室ブログでちょっと前に発表されていました。

 http://ameblo.jp/kyoshoblog/entry-11475976299.html


 まぁ他にも、TOYOTA86&BRZクラスとか、ホイールベースS寸クラスとか謎クラスが増えていて、それはいいんですが、ラリークラスでドリフトタイヤて……。それドリフトクラスじゃね?
 前回の愛知大会では度肝を抜くような対策で普通のJSCCクラスみたいな走りされたから、しょうがないとはいえ。



 こたつファクトリーさんの動画。
 Zengさんがいらっしゃいます。


 まぁそんなこんなでドリフトタイヤでどうなるラリークラス?
 つうわけで、所在無い我がAWDシャシーも、とりあえずそのレギュレーションに合致するように作っておこうと思う。参加はまずしませんが(笑)。


 で、ただドリフトタイヤだけをつけるのも味気ないので、ボディをシトロエンDS3に合わせてみようと思う。
 なにを言っても「ラリー」クラスだし。


  いままでハチロク(AE86)で合わせていたので、たぶんいけるだろうと思ってそのままボディをつけてみても、合わないという……。
 まずリヤのガードを外さないとダメ。
 ハチロク付属のホイルオフセットではカツカツすぎて足が動かない。
 しかもフロントはステアすら切れない。


 思いっきり当たってるやないかい!
 そうかい、それでシトロエンDS3のオートスケール付属ホイールはオフセット0だったのか!

 ドリフトタイヤはプラなので、これを外すってのは手が痛くなる。


 ペットボトルのクチの部分がちょうどいい径なので、こいつをガイドにしてドライバーの柄とかで、ホイールをどつけば外れるって寸法さ。
 勢い余ってホイールもブチ割れるかもしれないが、気にしない。
 (いや、決して割ってはいない。あくまで可能性を申し述べたまでだ。早合点してはいけない)


 標準装備のOZのホイールにドリフとタイヤをはめて完成。
 
 ジャイロを強くしていれば、とりあえず下手糞でも、それなりにドリフトっぽい走りをしてくれるはず。STゲイン140にしてみた。

 

2 件のコメント:

  1. ぜひ、出ましょう。
    練習のお付き合い、よろしくね(^_^)/~~

    返信削除
  2. 走ってみて、これはドリフトだ。というのが感想(当たり前)。どうやって前に進むようにすればいいんだろう・・・。タイヤ加工はダメなんでしょうね~。
    個人的には60タイヤ普通履きがいいんだけどな。

    返信削除