2013年2月13日水曜日

【Mini-Z】RRCレース第二戦にむけて。

 2/17(日)はRRCのレース第二戦です。
 仕事を入れてきそうな雰囲気を醸しだしつつ、まぁ参加できるだろうと思う昨今。

 でも土曜日の前日練習があやうい。
 まぁそんなわけで、行けたとして前日練習日とレース当日だけなんで、ながらくしていなかったメンテナンスでもしようかな、と。

 さて、次のレースのカテゴリーは

 ・オープンクラス Vモーター、ニッケル水素電池
 ・ナロークラス ノーマルモーター、オリオン800HV指定

 というわけなので、出走する予定のボディは、マツダ787Bとトヨタ86。
 そう、ついにドロイド君出陣のとき。


 86は、オートスケールで出走かな~?
 現在カラーリングを委託しているけど、当日渡されたって使えないよ。
 ちゃんと裏打ちして固めておきたいし、最低でも木曜日に納車でないと……。
 
 それは置いておいて、相変わらずレースで優位に立てるほどのモーターを作ることができないながら、一個だけある有望な白を使いましょう。
 シャシダイにかける。


 これ。
 前にもちょっと書いたけど、トップスピードなら、自己保持モーターの中で過去最高を記録したやつ。
 ブラシはまだまだあるけど、熱ダレによるパワーダウンが顕著なのが心配のタネ。
 しかしちょっとでも回るモーター持って行かないと、すごい勢いで撃沈されそうな状況です、昨今のレース。

 んで、Vモーターの方。


 白よりトップが落ちるという……。
 もう、こんなんしかありません(涙)
 とは言っても、最高速が勝敗を分けるほどロングストレートのコースではないので、直接参考にはならないのです。
 このシャシダイは多少なりの負荷があるので、モーター単体でチェックするより実走行に近いはずなので、最高速よりむしろ、ハーフスロットルや全開の瞬間などのリニアな速度によっては、まぁ漠然とだけど参考になるかな?

 あとは電池の電圧降下の度合いによって、スプリントかエンデューローかが分かれてきますね。
 そろそろ電池も新調するような時期(1年くらい使った)なので、新しくしたいのだけど、現状、このままの最善を引き出さなければならないのだ!


0 件のコメント:

コメントを投稿