2012年12月21日金曜日

【Mini-Z】ぼくのジャイロはお星様になったんだ

 今日はジョーシンへ行ったんだ。 
 それで電池入れたら、なんかジャイロらへんから煙がでた……。


 煙の原因は、+コード(赤)の被覆が溶けたからなんだけど、どうもジャイロ様がすごい熱をお持ちだったようです。
 どういう構造か詳細に見ていないけど、電池を装着しただけで、基板に通電するような状態になってます。
 ジャイロのコネクタをはずせば、通常。
 ちゃんと動きますが、ジャイロつけるとスイッチOFFでも、基板上のLEDは点灯(笑)

 すでにジャイロは機能していません。
 試しに、シルビアのジャイロを取り付けてみると、正常。
 原因は……?

 おそらく、このジャイロがミニッツ用ではないことに原因があるのでは!?
 そう、dNaNo用を流用していたのだー。
 よくまぁ、いままで大丈夫だったなおい。

 あともうひとつ。
 ベアリングのメンテで、全バラしたときの組みが悪かったかも。
 ともあれ、基板まで逝ってなかったので、それはよかったものの。。。
 あー。ジャイロは遠いお星になってしまわれたのでした。


 しかし悲劇はそれだけでは終わらなかった。


 シルビアさんが無残に骨折。
 ウレタンで……。
 長年の疲労でしょうな。ちーん。


0 件のコメント:

コメントを投稿