2012年12月13日木曜日

【Mini-Z】ワイド+ノーマルモーターの場合

 ハイマウントに積んであった旧ロットの白モーターが、速い! って思ってモーターチェッカーにかけると、なんともさみしい数字が……。


 ほんと、泣くぞ。
 でも、どうやら立ち上がりが鋭いようで、だから低速コーナーで差がついたんだと思う。
 そして、8Tから7Tピニオンにしたとき、どうもしっくりこなかったのも、そのせいでしょう。

 でもねー。
 端子をこねこねすると、回ったんだこれが。
 まじやめて欲しい。
 モーターマウントに積むとき、無理して端子を曲げようもんなら、激遅モーターになったまま出走とかいう、シャレにならない事態も想定しておかねばならんではないか(笑)。

 さぁ、そのシビアなモーターなんだけど、白モーターはなにせトルクがない。
 にもかかわらず、NSX-GTなぞという重いボディで、ワイドでローでハイグリップなシャシーで走らせようというのだから、出力食いがひどい。

 できるだけ軽量化しなければならない、というのを思い知りました。
 しかしアルミのモーターマウントをせっかく買ったし、これは使う方向で。ということで、まずやったのが、ピッチングダンパー外し。

 最近流行のスタイルだけど、「ウレタンでは」調子がいいみたい。カーペットでは試していない。
 しかしながら、ボディと路面とのクリアランスがなさすぎて、カーペットの毛がつねに走行抵抗になりそうな予感。
 NSX-GTはリヤのディフューザーが結構クセもん。

 そしてもうひとつ。
 アルミホイールをプラに替える。


 HSV-010付属のホイール(NSXのは捨てた)。
 リヤ側が、アルミよりオフセットが狭いので、トレッドが若干ナローになるのが気になりますが、一度これでやってみようと思う。


 これでもうちょっと軽快に走るようになるかな~。一発タイムだけは、そんなに悪くないんだけど、すぐに息が上がってしまうような感じ。


0 件のコメント:

コメントを投稿