2012年10月1日月曜日

【Mini-Z】AWDどうにかならないかなー

 せっかくボールデフ買ったんだから、なんとか満足いくレベルくらいまでは走って欲しい……。
 モーターは普通なんですが、今回、電池が一個おかしいことが判明。
 大丈夫の電池を使っても、遅いことには変わらないんですが。


 普通に電池タレたな~って終わったあと、例の電圧チェッカーを使って電圧を測ってみたところ、無負荷状態では他の三本よりちょっと低いくらいだったけど、負荷をかけると……


 下がりすぎ。
 他の電池では、無負荷状態の電圧から0.05~0.06Vくらいの差圧なんですが、これはちょっと。
 で、一日放置していると、このチェッカーを起動できないほど電圧が下がってしまいます。
 テスターで見て0.8Vとかそんなの。

 とりあえず、C9000のブレークインモードで復活を試みてみましょうか。
 三日ほど充電器が使えなくなるってわけか!


 さて、AWDですよ。
 レースでは使用に耐えないってことで、出走をあきらめたものの、RMナローより1秒近くも遅いのは、やはり改善したいところ。
 モーターは悪くないと思います。
 問題はインフィールド。
 どこでロスってるんだろうなぁ~って試したいのに、今はショップの都合でコースが走れません。
 かなりモヤモヤしてます。

 とりあえず、駆動系のチェックでもしようかな、ってバラすと、ヘンな渋みを発見。


 フロントの左なんですが、左にフルステアしているとき、左車輪に駆動がかからないときがある。
 フロントは強化ギヤデフなので、しゃらしゃらのはずなんですが、その差動が滑らかではなくひっかかる。
 ときに右と同一方向に回ったり、止まったままだったり。
 右へフルステアなら、問題なくしゃら~っと回るんですけどね……。
 んで。


 アッパーカバーを外して回すと、しゃら~ってなる(笑)。
 なんじゃこりゃあ。
 アッパーカバーで固定されると、スイングシャフトがデフのカップリングを押している?
 ようなイメージ。
 ノーマルのスイングシャフトにしても同じ。
 なに? ナックルのベアリングの厚みが微妙に違うとかか? スクエアのだしな~。どうなんだ。


 現状、どうしようもないので、じゃあデフの方で逃がしてやればいいじゃん。
 ということで、ベアリングの間にシムを入れてみました。
 それで多少はマシに。
 しかし今度はバックラッシュの問題が。

 実走チェックに行きたいが、明日は気分しだい。
 つうか神戸に所用が……あ~あ。

0 件のコメント:

コメントを投稿