2012年8月29日水曜日

【Mini-Z】高けェ……

 前にKEIHINやRAYBRIGのHSV-010限定オートスケールが出たときから囁かれてたけど、やっぱり来たか。

 なにが?

 価格の吊り上げです。

 シトロエン DS3 WRC 2011 No.1 セバスチャン・ローブ


 定価で¥5,040ねぇ。
 フィエスタまでのつなぎで購入を考えていたけど、これはstop buyingですな。
 フィエスタなら、なんのためらいもなく購入するでしょうが、DS3はねぇ……。
 
 まぁボディの種類が増えるのは歓迎なので、この調子でいろいろ出して欲しい。


 さてさて。
 次のHSLのレースカテゴリが、オープンクラスとハイマウントクラスになるそうです。
 で、オープンクラスは前戦で使用したボディとは別の種類を推奨しています。
 その意義は、同じボディばかりが固まらないようにするためのものでしょう。

 まぁショップ主催ですらなく、サークル啓発のレース・フェスティバル(巻き舌推奨)なので、スポンサーの黒い影はなく、一番効率のいいボディ&シャシーをチョイスするのは、自然のなりゆき!!

 それに一石を投じる試みなんでしょう。
 マルコは一向に構いません。
 最初から皆とは違う方向性をひた走っているマニアックですから(笑)。

 で、そのオープンクラスを、前回はHSV-010でやったので、じゃあ今回どうするのと。
 ハイマウントクラスともあいまって、やめようかとも一瞬考えたのだけど、アレがあるじゃないですか、趣味の領域で作った改造車が。

 NSX2007GT

 絶対誰も選ばないようなボディ&シャシー。
 (ペースカーほどじゃないかもしれないけど)
 
 というわけで、次回(行ければ)のレースエントリはこの二台↓で。


 ハイマウントはちょっとやる気でないですが(好きなボディがないから)、この際はこの地味ボディでやってみるかな。
 ただ、もってるボディの中で唯一、速い人と同じボディなのが、このハイマウントのミニクーパーになるという。
 ということは、腕と仕上がりの差が完全にバレてしまう、おそろしいクラス……。
 さぁどうしたもんか。

 というわけで、急遽、ジャイロを購入してきました。


 さすがに二台分も買えんわな。
 これもどーしたもんかな……。


0 件のコメント:

コメントを投稿