2012年7月11日水曜日

【Mini-Z】やっぱりハチロクには


違法製品により改造?
モンスタータイヤのミニッツバギーdisってんの?

って「違法製品」ってなんだ?
ラジコン関係で違法って言えば…………デムパ?
2.4GHz以外でやるメリットなんて強いてないように思うし、違うだろうな。

違法と言っても、ローカルルールのことかな。
なんかすごい改造したミニッツが走ったような印象だけど、まぁ素直にデカタイヤのミニッツバギーのことと思っておこう。

ともあれ、近況。
先日、調子の良かったはずのHSVが、思いがけず、ずるっずるで走らなかったので、タイヤを新品にしてリベンジ。
やっぱりタイヤって大事。



HSVはフロントもある程度食っておかないと、プッシュアンダーが強くなるので、かすかな溝残りラジアル30をチョイス。がんばって減らさないと、もうストックが……。
減らす作業に従事するのは、シルビア君です。

さてー。
表題の件ですが、ラリー仕様ハチロク。
いろいろドレスアップしようと日夜妄想に励んでいるわけですが、今回はドリフトタイヤ付属だったロンシャンXR-4を装着してみました。


右のTE37ホイールはR246のアルミで、20mmホイールです。これに60タイヤを付けていたわけですが、常々

「ハチロクにサンナナ?贅沢な!しかも大径?なまいきな!」

とか思ってたわけです。
ドリタイヤのXR-4は、小径17mmホイールなんですが、ただの先入観で特殊形状のホイールだと思ってたんです。
今日たまたま手にとって、なにか着想を得ようとしていたら、ぐりっとタイヤがずれたんですよね。
で、そのまま取れた。
すると、ほんとうにただの小径ホイール。

あれ、これって60タイヤ履けるやん?!

ってことで、さっそくタイヤの入れ替えを実行。
小径なので、20mm用のタイヤを入れるには、ちょっとサイズが小さい。60タイヤは硬いので、ぎりぎりはまるけど、走行中にタイヤが取れるようなら、両面テープですね。


DWSにしていると、ロワアームが干渉して、小径のホイールはきっちり嵌らない。
0.5mmくらいのワッシャーかまして逃がすと、まぁまぁいける。
ただし、このXR-4はオフセット2.0mmなので、ワッシャーがなくてもぎりぎりいけそう。
キャンバーも若干寝かし方向。
ナットの締め加減を調整して、まずはワッシャーなしの状態から、コースインして様子見だな。
(ワッシャー入れると、その分トレッドが広がり、バンプ時にタイヤがフェンダーに当たるという)


前後車高も調整して、仕上がり。
14インチ風味が、ハチロクらしさを醸し出してるんじゃない?
やっぱハチロクにはロンシャンが似合うな(かつてロンシャンは手が出なかっただけに)。


で、なんでGT-Vのボディやねん。
峠の走り屋バージョンってことで。

あとは、実際に走らせてみて、どれだけ走りに影響が出ているかです。
それによっては、元に戻すことも考慮にいれればなるまい(涙)。

0 件のコメント:

コメントを投稿