2012年4月10日火曜日

【Mini-Z】カーペットコース

なにやら存続が取りざたされている某ショップ併設のミニッツサーキットですが、無くなる前には一度は走っておきたいので、行ってきた。


カーペットコース自体は初めてじゃなく、これで三度目。
一度は尼崎のタムタムで、二度目はサンダ。
タムタムのときは、まだ962Cを走らせていた頃だった。
サンダのときはシルビア+NSX体制のとき。

どっちもウレタンセッティングのまんま走らせたけど、良いか悪いかなどさっぱり判断つかなかった。
ウレタンとは違うなーとかいう次元の話で……。

んで今回。
妄想カーペットセッティング(タイヤ変えただけ)を事前に行い、コースイン。ただしNSXだけ。
というのも、もしカーペット走らせるようになるなら、GTカーとしてHSVとかぶっちゃってるNSXを専用セットにしようと思ったからなんだが。

じゃあ写真のシルビアはなんぞ?
ということですが、意外やナローにハマったという。

試しに走らせてみたら、その走る格好に魅せられました。
ロールしながら曲がり、最大Gのときにテールブレイク、オーバースピードのときステアは切ってるのにまっすぐ行くさまなど、なんか実車っぽくていいじゃん? と悦に浸れました。
ラインを外れてテールスライドしたら「砂利に乗った!」って感じで騒いでました。

ウレタンだとヘタにロールなんぞさせようものなら、そのままロールオーバー、すっ飛んでいきますし、アンダーで大回りになっても、直線的に突っ込んでいくことは、まぁ少ないでしょう。
ウレタンセッティングのままなんで、多少グリップが悪い感じなんですが、コケずに周回し続けるっていうのはいいですね。
ただしコケたりで集中力が途切れることが少なく、休憩のタイミングが掴みにくく、腕と腰が痛くなりました。こういうのを猿ラジっていうんだなーと。

今回さすがに一人ではエントリーできないので、お連れの誘いがあったからなんですが、初めてっていうこともあって、連れの人(O氏)がタイム計測用のポンダーを貸してくれました。
1/10でもそうでしたが、一人ラジするときは、せめてタイム計測できないと、すぐ飽きてしまいます。
ミニッツ用なら、ハカルンジャーミニが以前販売されていたんですが、今はもうないみたいですね。(と思っていたら、洛西モデルでわずかにあるみたい。GETしようかしら)
といって、1/10用だとポンダーが大きすぎ。

今回借りたのは、ショップが設置しているのがKOの計測器なので、そのポンダー。
京商のラップカウンターだったらタグは持っていますが、どうも精度とかの面でもうひとつらしい。

実は計測結果をちゃんと確認してなくって、実際にはどれだけのタイムなのかだいたいでしか把握してませんでした。
もうちょっと真剣にするには、コースに対する熟練度を云々。

んで、NSXで9秒真ん中とか、シルビアさんで10秒とかそんな感じでした。
速いか遅いかで問われれば、間違いなく遅い。
8秒とかの世界らしいですね、本来は(爆)。

あと1秒以上も縮められる気がせんわ。

コースがなくなってしまわず、存続するならリピートしようかなと思う。


2 件のコメント:

  1. 月曜日は帰らずに、一緒に走ったらもっと楽しかったのに(^_^;
    ジョーシンとは違う楽しみ方が有るので、コースが存続するといいですね。
    今度は、ご一緒に。

    返信削除
  2. どもども。いやぁまさかあれほど来るとは思ってなかったもんで。次回、、、があればぜひお願いします。

    返信削除