2012年3月31日土曜日

【Mini-Z】連日出勤

平日金曜日の日中はうさぎさん覚悟で行って、案の定ボッチだったけど、それはそれでいろいろ試すには必要な時間ということで。



 AWDのグリップ仕様をなんとか走れるようにしようかなーと思ったものの、なんかあんまりうまく行かない。
 フロントのキャンバーはノーマルの方が調子がいいかなーとか思いながら、つきつめずにドリドリに移行。
 コース上ではなく、床でドリドリしていたら、T氏が登場したので、うさぎさん終了。
 そういえば帰り間際になってO氏が来たような来なかったような。

 で、本日土曜日も同じく出勤。
 日曜日が他所でレースなので、こっちは人少ないだろうと思っていたら、またしてもいっぱい。
 なんとかチェックインできましたが、その後に来た人らは待ちの状態でした。
 2.4GHzは最大40までいけるんだから、10人といわずもうちょっと枠を増やして欲しいもんだ。この際、机はなくてもいいのだが(あくまで個人的には)。

 本日は、NSXの仕様を若干変更。
 その目指すところは、ジャイロなし仕様。
 HSVができあがったので、NSXとかぶってしまう感があり、どうしようかなーと考えているわけです。
 いっそ、カーペット仕様にふろうかと思った次第。

 でもカーペット仕様にするには、どーもリヤのグリップが低い。ウレタンだから滑りながらも破綻してないけど、ちょっとまずそうなので、仕様を変更することに。
 といっても、Tバーとオイルダンパーの調整くらいしかないんだわ。
 実際走らせる段階になれば、リヤのタイヤはラジアル20にするだろうけど、その他でリヤのグリップを上げる効果といえば、そのふたつ。
 Tバーは置いといて、まずショートストロークにしているオイルダンパーを、通常の状態に戻します。
 NSXはV4マウントで擬似MMにしていて、フリクションプレートはRM用を使っているため、オイルダンパーの取り付け位置が微妙にあわず、モーターマウントを押しすぎていたのを解消するため、ショートストローク化していました。


 HSVに使っているシャシーとの比較です。
 NSXは右側。

 モーターマウントを押すと、Tバーがへの字になって車高が高くなり、あんまりよくなかったんですが、今回はそれをしてモーターマウントの軸受けで車高を下げてみました。
 試走してみて、グリップが上がったかどうかは微妙なところでしたね。
 コケないので、ネガティブな方向には行ってないようです。

 さて、これでジャイロを切る!
 カーペット仕様だなんだと妄想垂れ流しても、そんなところに行く機会は実際あんまりないので、本当の狙いはNSXに搭載されていた、ジャイロをミニに移植することだったのだ。

 HSVがジャイロなしで、結構気持ちよく走るので、似たようなNSXも実はジャイロいらんのとちゃうの? と思ったのがそのきっかけ。

 結論としては、NSXはジャイロなしでもいいかー、という具合。
 晴れて、ミニにジャイロが付きました(笑)。

 いや~、ジャイロの恩恵はいいものです。
 設定は50くらいですが、俄然操縦が楽になりましたよ。

 それにしても、HSV導入以来、S15の走行がめっきりと減った……。
 減ったラジアル30を作るためには、もっと走らないといけないのに。


 さて、本日はめずらしく遅くまでおれたので、チェックアウト後は屋上でバギー。


 K氏がジャンプ台をクルマに常備しているとのことで、臨時特設コース(?)
 洛西モデルのダンボールってのが泣かせる。
 バギーももうちょっとドレスアップしていきたいもんだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿