2012年3月19日月曜日

【Mini-Z】セカンドインパクト

ライトチューンで機嫌よく走り出したHSV。
 シェイクダウンはいい感じのスタート。

 ピニオンを8Tにしただけで、ものすごく雰囲気変わった、というか早くなった。
 で、妄想セッティングの中で、たぶんリヤが食わないだろうなと思っていたら、案の定でした。

 ここで付属タイヤとは早々におさらばして、減ったスリック20に履き替えてスタート。
 現状では、ネガティブなところはなく、まぁこんなもんかと。
 これでノーマルモーターがヘタるまで走りこんでやろうと思った矢先。


 モーター、焼きついちゃいました(爆)。

 な、なぜ……。
 ものすごーく回転が重くなってます、はい。

 え~、通算4パックの寿命?
 いきなりピニオンは砕けるわ、キングピンの受け部分は渋いわ、トーずれてるわと、こりゃなかなかのはずれを引いたようですぜ!!

 と、いうわけで帰宅後、モーターを分解。


 回転は重くても、ブラシは残っているのだから、この際使いまわししてやろうと、以前お亡くなりになったモーターが、燃えないゴミ用の袋の中にまだあったので、取替えを検討。
 当然、黒く汚い方が以前のモーター。なんか、左側のブラシ吹っ飛んでますけど……。


 片減りってやつなのか、ほんとうに脱落したのか……
 謎ですが、それはいいでしょう。
 しかしここで衝撃の事実が。


 付属のモーター(左)、メタル入ってないんですが(爆)。
 コストダウンの観点でか、別売りの白モーターとは中身が違うのかな。
 まぁいいや、さっさと組んで予備としてしまっておこう。


 はい、ノーマルモーターの予備、一個追加。
 HSVは予定より相当早く、Vモーターに移行いたします。

 さてそのVモーター搭載なんですが、LMのモーターマウントを使用しました。
 フリクションプレートはそのままHSV用のを。





 フリクションとLMモーターマウントは、そのままポン付けできるわけじゃなく、多少工夫が必要です。
 それはともかく、完成させてみると、リヤ側の車高が超低い。
 一番高いところにセットしても、どうも前上がりで気にいらん。
 Tバー下のスペーサーで、+0.75mm厚のアルミスペーサーが残っていたから、それを装着してなんとか水平近くに。
 リヤ下がりの方が、グリップ上がっていいのかなぁ~。
 セットが出にくい原因って、このへんにあったりして。
 ま、走ってみてからですよね。


 考えてみたら、LM用ギヤデフはあったけど、合わせるホイールがなかった!
 以前使ってたLM用では、オフセットがありすぎてフェンダーからはみ出ます。


 かっこいいんだけど、これでは走れんな。
 リヤワイドのオフセットは、+0.5くらいが望ましいか?
 店に在庫あったらいいんだけどな~。

0 件のコメント:

コメントを投稿