2011年12月30日金曜日

【Mini-Z】R/Cユニット換装

TikiTiki基板をGETしたので、初のR/Cユニット乗せ換えをやってみました。


 ついでに白モーター(ノーマル)も購入。
 よくよく見ると、もうブラシが残ってなかったもんで……。
 三宮のジョーシン、岩岡より安い? 交通費考えたら頻繁には行けないけど。


 新品基板の配線は、よくちぎれてしまうという話を聞くので、それを考慮しながら丁寧に組みます。
 ポイントはあらかじめ、ある程度取り回しの形にコードのクセをつけておくこと。
 そのとき、付け根の部分(ハンダしているところ)にちからをかけないように被覆で曲げる。ダメな場合はゆっくり曲げ、一回曲げたら動かさない。
 ハンダで固めた部分は、より線より強いので付け根にちからをかけたら、絶対ちぎれます。逆にハンダが剥がれるなんてことは、ほとんどないでしょう。


 Version.Cのシールが目を引くぜ。なんの略号か知らんけど。

 基板の下にまわりこむ、スイッチの白コードと、サーボモーターの細い配線が邪魔して、基板の座りが悪い場合に注意。
 基板がカタカタ動くような組み付けではイカんでしょ。
(って一体ダレに解説しているんだろう)

 一応組みつけのとき、スイッチを支えるステーのネジも、チタンに替えておきました。2mm×5mmの皿です。


 一応、部屋のなかで試運転してみたんですが、狭いからいまいちよくわからん。
 直っていてもらわないと困るけど、サーボギヤとかセイバーとかだったらまた話は別だしな~。
 一応、NSXのと交換しておきましたが……。
 こりゃあ、大晦日出勤かな~?


0 件のコメント:

コメントを投稿