2011年12月29日木曜日

【Mini-Z】暫定走り収め

今年の走り収めということで、最後のミニッツ……なのかな?
 まだあと二日ありますぜ、奥さん。

 さて、最初はVモーターのNSXから始めて、スピード感を叩き込みます。速すぎて刺さるわ曲がらんわ。
 タイヤも最初は結構冷たくて、グリップ悪いですね。
 でも、TT-01みたいにスピンしないから、そんな食わない状態もまた楽しい。
 1パック終わる頃には、ちゃんと走るようになります、が。



 自爆してこのありさまでした。
 折れたわけじゃなく、単にタイロッドからの脱落。すぐ直ります。

 このあとは、いつもどおりシルビアばっかり走らせたわけですが、以前から感じていた「ステアリングが誤動作している」感じがいっそう強くなってきました。

 ジャイロ不良の線は、前回にNSXのと取り替えたけど変わらなかったことで消えました。
 あとはポテンションメーター? サーボモーター? 基板?

 詳しくはよく知らないのですが、ポテンションメーターとはサーボギヤの回転を計測しているもの。構造は音響機器のボリュームと同じで、回ることによって抵抗値が変化します。
 それによってサーボモーターの回転を感知するってシロモノ。
 たしかにこいつがいかれていれば、サーボモーターも変な動きをするのは理解できます。
 
 まぁ単品で400円くらいだし、交換してみてもいいか~、でもココには売ってないな~、取り寄せか~?



 と、気軽に考えていた時期がありました(遠い目)。

 サーボまわりをバラしてはじめて「 ハンダ付けしないとだめなのかー! 」と気づく。
 部品が手元にあるならまだしも、無い状態でハンダ溶かしてもしょうがない。


 そこで、NSXから移植することにしました。
 実はR/Cユニットの取り外しは初体験!


 早速、基板が取れたところ。
 すいぶん汚れが溜まっていました。タイヤカスが張り付いていたんですが、これスイッチのあたりから浸入していそうです。スイッチ周りが一番ひどかった。
 歯ブラシで丁寧に掃除します。


 真ん中の丸っこいのが、問題のポテメ。
 ばっちり基板とつながっています。
 

 これで両方の基板がシャシーから外されました。
 しかしここで明日、三宮に行くことが、裏方で決定(おい)。

 じゃあなに? 三宮のジョーシン行けるじゃん。それならいっそR/Cユニット新品買った方が、すっきりするんじゃ……。
 へたった基板を使い続けるより、断然そちらの方がいいでしょう。
 いつもは嫌々神戸にいくところ、一気に気分はハイテンション(爆)。

 まぁ、店頭に「あれば」ということなんですよ。
 なかったら、とりあえずNSXの基板移植をがんばろう。ドナーとなったNSXには後日、新品を入れてあげるさ……。


0 件のコメント:

コメントを投稿