2011年12月14日水曜日

【Mini-Z】平日の走行

今日はひとりのうさぎさん。
 こういうお気楽なときは、セッティング出しにはちょうどいい。

 MA-015のスタビ……。
 リヤは外したので、フロントだけの確認。


 ドレスアップパーツとして、自己満足の領域でしょうかね~。
 MR-03のブレースバーみたいなもん。
 リヤのスタビみたいに、あきらかな弊害はなく、付けてても付けてなくても同じなら、前後重量配分のバラスト感覚で、あってもいいかなと思いました(身も蓋もないが)。

 この後は、久しぶりにドリフトやってみました。


 
 しかしながら、腹の立つことにロンシャン履けないでやんの。
 なぜ?
 ダブルウィッシュボーンのロワアームが突き出していて、ロンシャンの内径に微妙に干渉するという。
 ロックナットを緩めてやれば、回らないことはないものの、ガタガタ。
 しょうがないので、キット付属のドリフトタイヤを装着。
 でも純正タイヤは接地面がツルツルのままなので、滑って止まりません。

 やはり以前計画していた、ドリフト専用リヤメンバーを作っておくしかないようだ。

 さてお次は、ひさしぶりのNSX。
 Vモーター搭載のNSXは、イーグル製のモーターマウントV4を使用していて、ホイールベースの短いMMとなっています。
 スピードがあって直線は速いものの、前からうまく走らせられていませんでした。
 ちょっと気が向いて、今日はNSXを触ってみた次第……。


 低速でのフロントタイヤの応答性は高いものの(というか結構敏感)、走り出すと「ど」アンダー。
 スロットル開けたときとか顕著だから、フロントのグリップがリヤのトラクションに負けているんだと、まぁ、前からわかっていましたが。
 前後タイヤのセットはそのままで、サスを柔くしたりしましたが、結果、やはりリヤタイヤのグリップを一段落とすことにしました。

 リヤはワイドのスリック20が入っていましたので、これをスリック30に。
 GTカーなので、絶対ラジアルは入れたくない(笑)。
 これで前後、30、30。

 ハイパワーにこういうタイヤのセットは実は初めてです。
 ポルシェ962にしろ、リヤタイヤは20°固定でしたから(やり始めのときはよくわからず、30°使ってたような記憶もありますが)。

 なんかこのセットだと、フロントもリヤも滑ってるなぁって感じですが、これはこれで。
 1/10ツーリング(TT-01)を走らせているような気分でした。
 
 それはともかくとして、いよいよオリオン750HV(バッテリー)がやばい。
 Vモーターでぶん回していると、20分もってない気がする。
 新しいバッテリー買わせろーーーーー。流通させろーーーーーー。


0 件のコメント:

コメントを投稿