2011年11月19日土曜日

【Mini-Z】DWSとは

DWS(ダブルウィッシュボーンサスペンション)が手に入ったのですが、そのコンバージョンの前に、一度ノーマルのままも走らせて感触を覚えておこうと思い、コースインしてきました。
 だ~れもいなかったうさぎちゃんだったわけですが、思いがけずラジ友のひとりが、パーツを買いに来ていたので長話……。


 AWDはハチロクで固定なんですが、ドリフトと違ってグリップはコケるので、ボディはGT-Vで。GT-APEXはライトユニットがついているから、ちょっとコケやすい。
 このGT-Vにスポンサーデカールを貼りたいんだけどね~。

 フロント、ギヤデフってやっぱいいんじゃないんですか??
 ボールデフとか高くてなかなか買えないからなんですが、いまのところ不具合な感じはないですよっと。
 リヤは例のミニッツバギー用ですが、もうちょっと渋めにするためグリス盛っていいかな~とか。

 さて、DWSですよ。
 組みます。


 O氏曰く、ノーマルのリヤメンバーはドリフト用にして、いつでも付け替えられるようにすればいいじゃん、とのことでした。
 おお、それはナイスアイデア! と気楽に考えていたものの、いざ組み替えをしていると、ありゃりゃ……。 
 デフ用のベアリング、ハブ用のベアリング、ハードユニバーサルスイングシャフト、を買い足さねばならぬではないか!
 ハードユニバはまだいいです。
 ベアリング……バラあるんですか、バラ!?

 ……ノーマルは当分封印か!?


 できあがったDWS。
 これだけみてると、メカ好きのハートをくすぐるにくいやつ、です。
 機構自体は1/10ツーリングをそのまま小さくしただけで、必要な機能は押さえています。
 ミニッツがイモネジでリバウンド調整できるなんて、すごいな~と。


 リヤビュー。
 車軸懸架でないハチロクなぞっ! と思ったら負け。
 ダブルウィッシュボーンという気持ち悪いハチロクでいいんです。


 車高。
 実写ハチロクも、シャコタン(死語)にするとリヤの方が下がるんですよねー……って和んでいる場合ではない(ボディマウントは1mmのスペーサーが入ってます)。
 マウントのスペーサーを取って、フロントをもう少し下げてもいいんですが、ストローク量も確保しておきたいしなー。
 そして、さすがDWS。フルバンプしてもタイヤがちゃんとフェンダー内で収まっている!
 なので、まずはこれで走ってみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿