2011年11月1日火曜日

【M05】ひさびさにM車を出す。

 ミニッツの手軽さにどっぷり嵌って、疎遠だった1/10ラジコンですが、こう涼しくなってくると、ちょっと走らせたい虫が騒ぎ出すので、ちょっくら近場のコースに行ってみようと思う。

 近場のコースは若干狭めで、Mシャーシの方がゆったりと遊べます。
 なので、M05の登場ということになります。

 西脇のコースは、ちょっと遠いということで、最近は足を伸ばすのが困難になってきました。
 TT01Rはそこでセッティング合わせていたんですが、ちょっと変更も考慮しないといけないかなぁ~。ブーストかけなかったらいいだけという気もしますけどね。

 とりあえず、M05を走らせるつもりで、まずはプロポとのペアリングから(おい)。
 いや、ユーラスに代えてから、まだペアリングすらしていなかったという……。


 とりあえず、これで走行可能状態に。
 しかし、ボディはボロボロだのぉ。
 このスクエアのワンダーシビックは気に入ってたんですが、この際ちょっとNewボディに手を出してみようと思う。

 ターゲットのボディは、実はホイールベースがミドルサイズ(225mm)なので、今のショートサイズ(210mm)では合いません。
 M05のいいところは、S、M、Lサイズとホイールベースを組み替えられるところにあり、それでボディに合わせます。


 ショートからミドルへの変更はいたって簡単。
 ダンパーを取り付けるアッパーアームとボディマウントの取り付け位置をひとつ後方に下げて取り付け、リヤアームを固定するシャシー下のマウントを前後逆にして取り付けるだけの簡単なお仕事です。

 ただマルコのM05はスタビライザーを装着しているので、その支持部も一段ずらさないとダメなので、リヤバルクヘッドもちょっと開かないといけません。
 ま、それもロールバー(?)を緩めてやるだけなんで、ちょちょいのちょいでできます。


 こんな感じっすかねー。
 リヤ側から突っ込むことはないと思いますが、どうもダンパーやリヤアームがむき出しすぎるような気がしないでも……。
 遅いからってバックアタックまじ勘弁ですね。


 ホイールベースが伸びた分、バッテリーコネクターが、以前とは違ってちょっとキチキチに。
 これはそのうち、不具合あったら改善しよう。


 さて、問題のボディです。
 HPIのアレですね。
 若干横幅が狭い!


 ホイールベース225mmといっても、実測するとそれより短いんだ。
 リヤはトーイン1.5°はいってるもんなー。

 もちょっと手直しして、走れるようにしないと。
 あとは塗装と、ステッカー貼りだ。
 例によって、走り屋走行会仕様でいきますよー。


0 件のコメント:

コメントを投稿