2011年11月10日木曜日

【ラジコン】バギー&バギー


 寒いやないかーい。
 そんなわけで、お外でバギーですが、今日は二時頃から近所の広い公園で、1/10と1/24のそれぞれのバギー走行を楽しんでみました。

 車種はいうまでもなく、1/10はホットショット、1/24はミニッツ・オプティマです。
 ホットショットはさすがに公園のどこへ突っ込んでも、走りきってしまう。
 もとはタミヤのXB(組立済みフルセット商品)付属のアンプ、受信機だったのですが、今はすでにユーラスに対応させるべくKOの受信機、アンプとなってます。

 パワーソースは7.4VLi-Poとタミヤのダートチューンなんですが、KOのアンプにしてから、なんかパワーが上がった感じがする。
 アンプを交換してから、まともに走らせるのは今日が最初になるんだなぁ。


 さてミニッツ・オプティマの方ですが、今日走らせた場所は、シャシー駆動部への小石侵入がひどい!
 スパーギヤには噛みこんでしまいますねー。
 そこで……。


 こんな感じで、シャシー下の電池ボックス部分をビニールテープで目張りしてやりました。
 これの効果がてきめん!
 もちろんどこからともなく小石は入ってはくるものの、噛みこみの確率は格段に減ったようです。
 おすすめですね。
 ビニールテープなら耐久性と粘着力も、ミニッツレベルでは十分ですし。

 あとはステアリングタイロッドへのダスト侵入が改善されれば文句なしなんですがねー。
 タイロッドは左右にスライドするわけですが、その稼動部分にダストが溜まると、ステアリングが効かなくなります(笑)。
 なんぞいい対処法はないものか。良案求ム。

 エアコンプレッサーでひと吹きしてやれば、吹っ飛びますけどね。

 とりあえず、これであとはコース設置用の円盤を見繕ってくることかな。
 RC用のパイロンセットではちと高いのが難点なので、100円ショップにでもいいのがないだろうか。


 ところでオプティマのデフ内部には。


 ベベルの外側にシムが入っていて、デフの効きが渋めに調整されていました。
 なんか硬いなって思ったのは、これが原因のようです。
 スルスルだとなんか具合悪かったのかな?

 つうか、この渋めのギヤデフ、MA-015のリヤに使えるんちゃうん?ボールデフいらんのとちゃうん?
 ボールデフ買う前に試してみるぜよ。

 
 

2 件のコメント:

  1. こんにちわ!
    最近、HOT SHOTに惚れて、情報収集しているときにこのサイトに行き着き拝見させていただきました!!

    ところで、hot shotについてお聞きしたいのですが、重さとか悪路の走破性とかはいかがなものでしょうか?また、アンダーガードがなく、底部が傷つきやすいと聞きましたが、対策はしていますか??
    よかったらおしえてください!お願いします!!

    返信削除
  2. ながらく放置して申し訳ありません。
    もう購入されましたでしょうか?

    HOTSHOTのコーナリングは、はっきりいって低いです。
    フロントサスペンションが沈めば沈むほどトーアウトになり、コーナリング中に、外側の車輪が外を向くという欠陥です(笑)

    走破性は、パワーさえあれば結構なところも走ってくれるので、おもしろいですよ。
    密閉型のシャーシなので、石噛みとかも、そこそこ安心です。

    底部の傷は気にしないことです。
    あ、正面からおもいきりぶつかると、サスペンションが破損する場合があるのでお気をつけて。

    今では見ないかっこいいフォルムなので、存分に所有する楽しみを堪能してやってください。

    返信削除