2011年10月28日金曜日

【Mini-Z】時間を作ってコソ練

とりあえず、ややこしい仕事はひと段落させ、というか今日は午後からちょこっとミニッツ行きたかったので、手早く片付け、Go!


さすがに誰もいませんでした。
その上、ピットの電源も切ってあるほどでした(笑)。
バッテリーは充電していたので、そっちは問題ではなかったのですが、クールダウン用のファンが使えないのはいただけない。
店員に言えば、すぐ対応してくれましたが。

さて。
今日は試したいことがいくつかあった。

・車載カメラによる新レイアウトのコース走行動画。

・フォーミュラーDではない、ノーマルシルビアのボディを装着しての走行。

・MA-015(ハチロク)にグリップタイヤを履かせての走行(ただしセッティングはドリフトのまま)。


まずは車載動画ですが、使うボディはNSXですね。
コケにくいので、もうそれ専用に加工しています。
今回はフロントボンネット部分にカメラを置いたので、以前のものよりさらに低い位置になり、しかもコースは全体的にハイスピードとなっていますので、ほんとなにがなにやらわからない動画に(爆)。



こんな感じのコースです。
かなり気に入りましたよ、このレイアウト。
最初にコケまくてった(シルビア)のは、ずいぶん克服しまして、慣れてきた感じです。
こういうハイスピード区間と低速区間のメリハリがあるコースは好物かもしれん……。


お次のシルビアボディですが。



これ自体は以前から持っていたものなので、別段目新しくありません。
ただホワイトボディで自作塗装する予定なので、そのときのために走行感覚を知っておこうと思った次第です。

ただコレ。
ボディが割れるのを嫌って、パテでバンパーの部分とかを裏から固めているんですよね。
フォーミュラーDのいつも使ってるシルビアボディは、裏は「シューグー」という接着剤で補強しており、その重量差は結構あるようです。

最初の頃はシューグーみたいな強力な補修剤があることを知らなかったもんなぁ……。

で、走ると、なんかフォーミュラーDのボディより安定感があります。
ほとんどコケないですね。
ちなみに、前後ともラジアル30°(前輪は後輪で使用し減ったタイヤの使いまわし)。

GTウィングの分、重心が下がってる? 重量分の安定度?
よくわかりませんが、いい塩梅です。
つやつやのパールホワイトが、照明の下できらきらしてます(笑)。

なんとも普通の、そのへんの道路を走ってそうなシルビアな感じで、へんにほっこりしました。


そして最後のMA-015にグリップタイヤを履かせての走行ですが、やはり足回りが悪いのかな~。
リヤはダブルウィッシュボーンにでもしないと、MR-03のようにはいかないのでしょうかね。

タイヤはラジアル40°で、それは問題なさそうです。今のところ。

しかし、ロールというか、すぐ片輪が浮いてしまい、そこでアクセルオンにすると、ハイサイドくらいます。MR-03と同じタイミングのスロットルにすると、ダメですね。

ただまぁ、煮詰めればおもしろそう。
なにより、AWD特有のギヤ音が、なんかスーパーチャージャーの加給音っぽくて、ストレートを行く姿が、92の4A-G積んだハチロクって感じでおもしろい。


0 件のコメント:

コメントを投稿