2011年8月6日土曜日

【Mini-Z】デフ固めたのは失敗

 ミニッツの新製品は、ミニッツ・バギー。
http://www.kyosho.com/jpn/fun/special/miniz_buggy/index.html

20年以上前のR/Cバギーのミニレプリカってことで、ラジコン黎明世代としては、懐かしいかぎり。
フォルムは、ホットショットに近く、かっこいい。
しかも4WD。
ちょっとした空地で、オフロードコース作って遊べそうな。

ついでだから、クロスカントリーも4WDにコンバージョンしてくれ、京商さん。



 さてさて。
表題の件ですが、相変わらずぼちぼちとMA-015を調整していっているわけですが。

ボールデフなんつう一個三千円するパーツは、そうそう簡単には変えないので(二個いる)、後回しにしつつ、今ある中でなにか変化は付けれないだろうか、と思ったところ、ノーマルのギヤデフのケース内に、グリスを詰め込んだら、左右の回転差を少なくでき、ボールデフ効果が得られるんでは?

とか思い、タミヤのアンチウェアグリス

OP.439/タミヤ/アンチウエアグリス
OP.439/タミヤ/アンチウエアグリス
価格:420円(税込、送料別)

を、たっぷり塗りこんでやりました。



アンチウェアグリスは、潤滑が目的というのではなく、すごく粘度の高いグリスなので、たくさん塗りこむ(と言うか、盛る)と、デフギヤはその役目をなさず、ほぼロック状態となりました。

それを前後ともにやってみて走らせると、これがまた全然だめ(爆)
コーナリングはクイックすぎるし、直進もなんか真っ直ぐ走らないし、でシビア度が増しただけ。
いらんことしたわーと思いつつ、グリスを除去し(完全には取れない)、薄塗り状態でもう一度組みました。

 ま、一旦これでリセット状態(薄塗りなので、若干、左右差は制限されている?)。
 どうも、フロントのグリップが勝っているようで、クイックな挙動もそこに原因があるみたい。
 でも、フロントのスプリングをイエロー(ハード)、リヤをレッド(ソフト)にしているんで、ラジアルタイヤが食いすぎているのかも。
 ならば、前輪のキャンバーはネガ3°で、後ろを1.5°にするとどうだ?

 はい。今度試してみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿