2011年7月31日日曜日

【Mini-Z】ロンシャンXR-4

 今日はAWD MA-015用のかっこいいドリタイヤ&ホイールを見繕いに、ラジコン専門店に足を伸ばしました。
すると、いつものコースの知り合いがいて、誘われたので、その店のコースでミニッツを走らせました。
カーペットコースです。



 そこそこユーザーがいたので、コースの写真を撮ることは遠慮しましたが、直線の長いきもちいいレイアウトでした。
さすがにドリるのは迷惑なので、普通のグリップタイヤに付け替えて、ハチロクをコースイン。
リヤが滑って、まともに走らん。
ハチロクは5周くらいでピットイン。

初志貫徹して、ドリパーツを購入し、装着してみる。


M'sレーシング RN-182
ミニッツAWD φ18ホイール ロンシャンXR-4

です。タイヤとセットの二本入り。
ハチロクにロンシャンとは、(実車の)往時では流行った組み合わせで、商品を見た瞬間に購入を決意しました。
オフセットは、手持ちのホイールでイメージをつかみながら決めたんですが、商品に設定してあるのが、+1.0、+2.0、+3.0と、1.0mm刻みだったので、1.5mmってのがないうえに、+1.0は商品がひとつしかなかった(ふたついる)。
ので、+2.0で合うようにと考えたところ、キャンバー3°のナックルも購入しといてやりましたとさ。

タイヤ側面がテーパー状になっているのは、なにやら「ひっぱり組み」をイメージしてのことだそうで。
9Jホイールに185タイヤを履かせた気分を味わえってことでしょう。
このテーパーのおかげで、+2.0オフセットなのに、ボディに干渉しない!


さて、カーペットコースという新境地だったわけですが、MR-03はシャシーやタイヤのセットを触りたくなかったので、そのままコースイン。
グリップが悪くて、曲がりきれないことが多くて面食らいましたが、コツがわかってくるとおもしろい。
西脇でTT-01Rを走らせているようなイメージ(多少砂利が多く、スリッピーな感じ)。

ストレートが長いので、S15では少々物足りなく、NSXにするとそれはもう、脳内麻薬が噴出するというか(笑)
NSXはタイヤがすでに終わっていたので、あまりきれいなコーナリングはできませんでしたが、それでも自分なりに破綻なく走れたと思います。
ストレートが病み付きになります。

去年の盆に、尼崎のカーペットコース(もっと直線が長く広い)に行ったことがあり、カーペットコース自体は初めてじゃなかったんですが、カーペットのグリップのなさに、ちょっと拒否感もってました。
が、それはきれいに消え去りました。
コースを囲う木枠は、あいかわらずの脅威ですが(コーナーの進入をミスると、木枠に直撃)。ウレタンコースは枠もウレタンなので、激突しても大事にいたらないんですが、木枠はそうはいかないでしょう。
幸い、今回は大きな破損はありませんでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿