2011年7月15日金曜日

【Mini-Z】AWDチューニング・アップ

 連休を待つ間もなく、本日夕方から行ってしまいました、サーキット。

AWD MA-015のハチロクさまは、付属のGT-Vボディをよく見ると、タイヤハウスの裏が削られてある。
で、前から持っていたGT-APEXのパンダカラーのボディだと、前輪の舵を切ったときタイヤが当たるという不良品!!!
いや、不良品というか設計が悪すぎる。
その対策で、新しく販売されたGT-Vボディでは、あらかじめ削ってあるわけですか……

まぁオフセット+0のホイールなら問題ないっていえば、そうなんですが。



 さて、タイヤをラジアル30、ジャイロ等の設定を変更してコースインしたわけですが。
さすがに普通になりました。

しかしもうちょっと速度的なものを求め、ICSの設定を少し変更してみました。
・D.FREQ(モータードライブ周波数)
・V.INERTIA(仮想慣性制御変化率)
の、二項目。

D.EREQはLOW、V.INERTIAは4で。
モーターの周波数を下げることにより、トルクが増えることになり、仮想慣性は、スロットルオフ時の惰性距離が伸びるようになる設定です。通常はOFFで、MR-03とかのレーサーシャシーだと、走行抵抗が少ないせいか、むしろOFFでいいんですが、MA-015の四輪駆動シャシーでは、本当にすぐ止まってしまう。
その是正。

これによって、笑ってしまうくらいの遅さ、ってのとはさよならできました。シルビアに比べたらまだとてつもなく遅いですが。
それでも、車速が上がったせいか、ロールが大きくなったようです。
それに伴い、サスペンションの構造上の問題か、後輪がうまく滑らず……というか、ロールして車体が傾いたときに、外側の後輪も傾いてしまい、グリップを失って外へとはじき出されている感じで、つっつっと引っかかりながら走っていきます。
もう少し車速があれば、つまづくようにして横転するだろう的な感じです。

こいつを今度はなんとかしてやらないといけない。




で、ま。いろいろとパーツを購入したわけです。
高いぞ、ボールベアリングセット! こいつは必須なんですが、ふところに厳しい値段……

ボールベアリングでフリクションロスと、モーターやバッテリーの負荷のそれぞれの軽減が狙えます。

んで、チタンセンターシャフト。
ベアリングの交換時には、前輪と後輪をつなぐセンターシャフトも外すので、どうせならと軽いチタン製のものに交換することにしときました。

しかし、このセンターシャフトとそのシャフトにつけるベアリングの交換で、まさかR/Cユニットをフリーにしないといけないとは、計算外のめんどくささでした。
R/Cユニットを触るのは、実は今回が初めて。
結構いろんな配線がでているモンですね。 ジャイロユニットも同じケース内に収まるわけですが、もうぎゅうぎゅうです。

さて無事ベアリングとシャフトの打ち替えがすんだら、今日の本命、キャンバーナックルの装着になります。
キャンバーナックルは、前後ともにネガティブ1.5°つくタイプのものを選びました。
シルビアとかがそんな感じだったからです。



ちょっと斜めになっている感じ。
コースでは試してませんが、部屋のブロックカーペット(三畳分)で走らせたところ、非常にクイックな感じです。
ウレタンコースで走ってみないと、ほんとうのところはなんとも言えませんけど。
これで、へんな躓きの挙動が減ってくれれば幸い……いきつくところは、ダブルウィッシュボーンサスペンションなんだろうけどね。


あと、スクエアのミニッツ用チタンビスがあったので、必要分を購入。


MR-03のジャイロユニットの横に皿ビスが隠されていたんですよね。
アッパーケース外さないとわからない箇所だし、チタンビスセットでも、そこは計算に入ってません。
これで、シルビアシャシーのネジはほぼチタン化。軽くなるって言っても、誤差の範囲ですけどね、こんな小さなビスが十数本ごときで(笑)




0 件のコメント:

コメントを投稿