2011年6月26日日曜日

【TT-01R】車載動画とオイルダンパー

 先日の、ヨコモのブラシレスモーターの初走行で、ブーストの設定による進角44と64を比較した動画を作ってみました。
13.5Tのブラシレスモーターは、そのままだとブラシモーターのGTチューンくらいで、めちゃくちゃ速いってわけでもない。
タイトなコーナーのあるテクニカルなコースだと扱いやすくていいんですが、西脇くらいの広さだと長いストレートを持て余してしまいます。
それを電気的に進角かけて回転数を高めてやることで、本来の出力以上の速さを引き出します。もちろんバッテリーの消耗も大きくなれば、発熱も大きくなります。
そのへんを気をつけながら、進角を付けていきますが、まぁ5分くらいの走行で、あときちんと冷却時間をとってやれば、バリバリMAX64°でもいけそうです!






 そんで、走行のあとはキチンとメンテナンスするってわけですが、今回、ダンパーのメンテナンス用に

OP 1152 ダンパーオイルエアリムーバー(スーパーロング)

てのを購入しました。
ダンパーは封入するオイルのエア抜きがキモなんですが、オイルの粘度が高いと、自然放置ではエアが抜けきるまで時間がかかるし、完全じゃない感じがします。
しかーし、これならあっという間にエア抜きができちゃうんですね。
では、ごらんいただきましょう!


ダンパーを分解したところです。
これから、シリンダーにオイルを入れるわけですが、好みの問題で#600番、青を入れます(笑)


そしてダンパーシリンダーを4本、エアリムーバーに立てました。
その後、蓋をして付属の空気抜きで、内部を真空にすると!


ぼこぼこと気泡が!
どうです、奥さんこのパワー!



いやぁ、やっぱ世の中、道具ですね。
こんな便利ですごいもんがあるとは、知りませんでした。




0 件のコメント:

コメントを投稿