2011年5月7日土曜日

【TT-01R】西脇へGO

 本日はお日柄もよく、絶好のラジコン日和でした。
ゴールデンウィーク三連休中は仕事で行けず、なんか十数人の参加者で大盛況だったとか連絡もらってて、もんもんと過ごしていたのを、今日、取り戻すぜ。
って土曜日なのに、誰もおらん……

ま、まぁ新品タイヤを試してどう使うかの検討をしたかったので、ちょうどいいんですが、一人ぽつーんとするのも、いとさみし。

正午過ぎにエンジンカーの知り合いからメールが入り、合流。
こちらも燃調のセット出しでちょうどいいとのこと。ただ、GW中のエンジンカー同士のバトルに目覚め、熱望していましたが、すみません電動カーでは太刀打ちできませんや。







今日はこのボディで行くぞ!!
と、朝の段階では思ったんですが、こうして写真におさめると、それはそれはもったいなく感じ、そのまま丁寧にしまい、いつもの赤のシルビアちゃんで走行開始。

今日は気温23度。路面温度は測ってませんが、まぁ30度は超えているでしょう。
本日の最初の命題はタイヤチョイスです。
一番の消耗品であるタイヤの購入をしやすいように、タミヤ製で揃えようと用意しており、その実力を試しました。

冬は路面のグリップが悪く、そうとうゴムの柔らかいのにしないとまともに走りませんでしたが、そのへんの経験も合わせ、三通り。
レーシングスリック っていうクソタイヤ
ファイバーモールドA っていうソフトタイヤ
ファイバーモールドB3 っていうハードタイヤ

ハードと言っても、適正路面温度が30度~ なので、この時期にちょうどよくハイグリップになります。
逆にソフトタイヤは適正温度が10度とかだから、30度超えの場合グリップが悪くなり、クソタイヤみたいになります。
クソタイヤはゴム質がクソなので、冬でもクソです(爆)

前輪にグリップの低いのを履き、後輪にグリップするのを履けば、まぁスピンとかせずに走れます。
なので、最初は前にソフトタイヤ、後ろのハードタイヤを持ってきたのですが、1パック走行せずに、すでにズルズル。
曲がりません!

つうわけで、前後ともハードのB3。

タイム計測
LAP 01
ベストは28″78
だいたい29秒台付近で周回。いいじゃないか~。

調子に乗ってモーター出力をHightモードに……
LAP 02
ベストは28″53
ベストタイムは速いんですが、28秒台にのっているのが、LAP01のときより少ない。
低速のパワーが上がっているので、スピンしやすい方にあるからでしょう。
この後は、すべてスタンダード出力で行ってます。

LAP 03とLAP 06でクラッシュ。
どちらもフロントの右側アッパーアームの調整式ネジ(ターンバックル)が抜ける(!)という症状。
破損ではなく、すっぽ抜けた感じ。
でもネジは効くんですよね……。
タイラップで抜け防止策を講じ、最終LAP 07へ。

LAP 07
ベストは28″46
現在の自己ベスト更新!
28秒台が20周中10回でており、あとは29秒台。スリップした周回は32秒台ですが、これ、同じ場所で同じようなスリップしてるんですよね……
自分なりですが、いい感じで仕上がっていると思う。

『測るんジャー』はだいたい10分間の走行を測るわけですが、この10分って結構長く感じますよ。
走行後は結構疲れますしね。
バッテリーも減りすぎず、いい具合です。
バッテリー充電時間待ちのインターバルが長くなりますが、だいたい冬場と違って、走行後のモーターやアンプ、タイヤの発熱は大きく、冷却時間をちゃんととってやらないとすぐ壊れそうだから、ちょうどいいと思う。



USB扇風機をモーターにガチ当てです。
コース上への黄砂の飛散が凄く、最初コースインしたときは、シャシーが真黄色になりビビりました。
まぁ開けっ放しにしていたマイカーのダッシュボード付近も黄砂でアレになってましたが……

ちなみに周回タイムですが、今日来ていたエンジンカーの人で、最速が手動ですが、だいたい22秒半ばくらい。
このコースで一番上手い人のタイムが20秒半ばとのこと。
ハチイチのでかいエンジンカーでは18秒とからしいです。




0 件のコメント:

コメントを投稿