2011年4月24日日曜日

【Mini-Z】モーター終り

 今日は地元サーキットの、タミヤチャレンジカップレースの観戦後、2週間ぶりとなるミニッツ走行へ行ってきました。

タミヤチャレンジカップの方は、ちょっと遅く出てしまったので、本命のMクラスレースが見れずに残念。
しかしまぁ、レース用にTA-05がちょっと欲しくなったりしなかったり。
TT-01でも参加できますけどね……



 今日のミニッツコースは、ピット机が全部埋まるほどの利用者が。
久しぶりに盛況でした。

NSXもS15も、そろそろタイヤが少なくなっていたので、新品を導入してコースイン。
NSXは前だけ……後ろはいけるかと思ったけど、1パック走らせて退場。
今度は後輪も新品に換えてやろう。

S15は前後とも新品で、これまでのセットどおり、前20°後30°(フラット)でコースインするものの、前の食いが強すぎ結構なオーバーステアに。
な~んかこれまでと感覚が違うなーと思いつつ、前後を入れ替えてみた。
するとまぁ結構合う。

いままで前輪を30°などのミディアムな硬度で新品だと、コーナーごとに転倒してたんですが(それを敬遠して、20°のソフトを使ってた)、なんか今のセットがいいのか、ほとんどコケなかったのは驚き。

でも実は、それには理由がありました。
現在搭載されている白モーター(ノーマル)がお亡くなり寸前のローパワーで、コケるほどのコーナースピードに達していなかったからではないか!?
他の人と走り比べてみても、パワーのなさは明らか。

しかしまぁ、JSCCエディションシャーシを購入しておよそ10ヶ月。えんえんと走り続けてくれたモーターですんで、ええ加減終わるワナ。
帰ってから取り外し、中のコミュを覗いてみると、みごとに無くなっていました。

と、いうわけで新品モーターに換装。


モーターの慣らし?
しません(笑)
いや、した方がいいんですけどね。
モーターチェッカーとかも導入して、ちゃんと育ててみたいという気はあるんですが、いかんせんめんどくさいという。レースとかしだしたらまた違うのでしょうが。




0 件のコメント:

コメントを投稿