2011年4月21日木曜日

【M-05】コソ練

 桜も散ってしまった平日。
今日はひとりで西脇サーキットにコソっと走らせに行きました。
片道1時間の道も、なかなかに春っぽく気持ちいいドライブ日和でした。



 さて。
ひとりでサーキットを走るわけですが、何もなくただ漠然と走るってわけではありません。
先日、M-05用の新しいESCを購入したのでその確認と、気温が変わってきたのでタイヤのグリップ変動の確認と、ちょっと前にヤフオクで落としていた『測るんジャー』によるラップタイムの計測を試すのです!

『測るんジャー』は友人と一緒に走らせるときには必要なく、いままで使ってなかったのですが、一人で走らせるときなら、便利な道具だというのがわかりました。

そんで、ニューESCは、OPTION No.1のインフィニティ・レーサー。
http://blogs.yahoo.co.jp/masayosh_nrc/28392925.html


セッティングカードによる出力の調整が簡単。
スタートダッシュを4段階調節できるわけですが、いいですね、スポチュンモーターでも結構速くなる。
ただし、速さを求めるためだけに購入したわけでなく、微妙な調整で友人とのアベレージタイムをできるだけ等しくし、チキチキすること。それが可能になるんじゃないかと思った次第。

最初のタイヤチョイスは、これまで冬場をなんとか走ってきたそのままの、前・60DファイバーモールドB、後・同Aでコースイン。
コースはちょっとダスティな感じだったんですが、エンジンカーの人といくらか周回していると、だいぶ小慣れてきていい感じで走れるようになった頃『測るんジャー』を設置。

後輪を柔らかいタイプAというのは、最初はいいんですが、5周を過ぎたくらいから、いやにスリッピーになりタイムが全然出なくなります。
アベレージで38秒とか(笑)
ESCの出力をHighにしても、余計スリップするだけで、タイムにつながらない。5周目くらいまではいいんですけどね……

その原因はタイヤが柔いせいで、表面に削れたタイヤカス(?)がこびりつき、本来のグリップを発揮していないこと。
これからの季節、タイプAは使えないかもですね(なにぶん、ラジコンやり始めたのが去年の秋からなもので)。

で、何回かラップタイムを計り、その結論に達したあと、後輪もタイプBに変更。


タイヤはひとっ走りしたあとは、必ずパーツクリーナーで汚れをふき取ります。それすると一時的にグリップが増すような感じがするし。タイヤカスがこびりつくなら余計でしょうね。だから最初の数周は調子がいいのだろう(笑)

タイプBはばっちりです。
まずはESCの出力をLOWでコースイン。
なにこのど安定(爆)
リヤスライドが制御できるってのは、ラジコン冥利に尽きるってもんです。

ラップタイムも全体的に安定しており、だいたい33秒代後半。クラッシュもなくスピンもなく。
ベストは33秒4くらい?(記録するの忘れた!!)

さてさて。
ではESCをHighにしましょうか。
うん、速い感じがする。なんせスタートダッシュを速くするモンだから、ゼロ加速は速くなっています。

で、ラップなんですが、ベストで32秒2くらい(今度からはちゃんと記録しよ)。
やっぱ速くなってるんですね……
ただし速くなった分、タイヤへの負担は大きく安定性に欠け、スピンもすればオーバースピードによる横転もありました。
なのでアベレージタイムが34秒代後半(泣)
レースだったら、Lowモードに負けてますね。

ともあれ、『測るんジャー』がこんなに刺激的とは、いままで知りもしませんでした。
なんだ、これがあれば一人でも隠れて遊びに行けるんじゃないか!




0 件のコメント:

コメントを投稿