2011年3月31日木曜日

【Mini-Z】今度はMini-Zの車載動画

 震災後おとなしく自重してましたが、そろそろ通常運転に戻りたいと思います。
とはいえ、西日本といえど震災の影響が皆無ではなく、流通や資材で不具合が若干なりともあり、知り合いのリフォーム屋さん(ラジコン仲間)が言うには、リフォーム用の材料などが東北に流れているとのこと。
また、ホームセンターとかでも乾電池やエネループが姿を消しています。
日本の三分の一が機能不全しているような状況なので、やむないとはいえ忍耐するとろでもあります。
ただ当面の生活には影響ないので、ラジコンなどできるわけですが。
原発が一刻も早く安全確実となり、本格的な復旧需要が来ることを願います。




まずはボディを新調。
S15シルビアはフォーミュラDのドリフトスピード(ドリフトしませんが)。天井のブリッツのステッカーがカコイイ。
NSXは前と同じARTAカラー。
前のボディは今回の動画用にと、小型カメラを搭載するため若干加工し、撮影はそれでやってます。

あと少しの間やらなかったうちに、結構なチューニングパーツが出てたりしていたので、ちょっと追加。


S15シルビアのシャーシには、チタンビスとブレースバーとインナーチューブダンパーを追加。
チタンビスは自己満足の範囲、ブレースバーはビジュアル(たぶん効いていると思う。フロントの入りが良くなった気がする)、インナーチューブダンパーは……マルコ的には地雷パーツでした。セッティングを詰める必要があるんでしょうが、初期状態で強度のアンダー。曲がらない仕様になり、今一時封印。


NSXのシャーシ。
こいつはもう改造してますので、好きなようにアルミパーツを奢ってやってます。重くなっていると思いますが、見た目も重要。NSXはかっこいいんです。特にオフセットの深いアルミホイールが良く似合ってると思います。


と、我誉めはここまでにしておいて、問題の映像ですが……
Mini-Zは小さいですからねぇ。ちょっと見にくいし状況がわかりにくいかと思います。
ま、一応見てやってください。






 NSXのような低車高でも簡単にすっ転ぶくらい、カメラ搭載で重心は高くなっているわけですが、撮影時に一緒に走っていたのは、比較的トップスピードを求めないクルマだったので、付いていくことができました。

撮影の日時が狂っているのは、時間設定の仕方がわからずデフォのままだからです。
取説のやりかたじゃあ上手くいかなかったんですよねぇ……




0 件のコメント:

コメントを投稿