2011年2月21日月曜日

【TT-01R】レーシングウイングの効用はいかに

 さて、このあいだ取り付けたシルビアのレーシングウイングを試しに、西脇サーキットへ行ってきました。
そろそろ週末の遊びと化している1/10サイズラジコンです。
ミニッツだったら毎日遊んでも、懐にはそうダメージこないんですが、1/10となるとそうはいかない。それでも、頻繁に遊びに行ってしまう。こまったもんだ。






前々回くらいから導入した電気ケトル。
この寒風吹きすさむ時期には必須のアイテムといっても過言ではない!!
コーヒー飲める! ラーメン食える!!

西脇への持参物は、いつもM05のシビックと、TT-01Rのシルビア。
今回は自分らよりも先に現地に来ていた人が。
いつもは一番乗りだけに、門開けしないでよかったのはちょっとラク。

西脇は広いのでエンジンカーユーザーの利用が多いようです。EP走らせているのは、我らくらいしかまだみたことがない。
エンジンカー、すげい迫力なんですがねー。



さて、TT-01Rシルビアさんの、レーシングウイングがどのようにフィーリングをかえてくれるか。
羽なんて飾りです。偉いひとにh(ry
なんてことになると思ってたんですが、リヤが落ち着きましたね……
路面コンディションの悪いこのコースでは、前後でタイヤのグリップを変えて装着し、アンダーなセットになっているわけです。その方がラクに周回できるからですが。

この羽の効用か、さらなるアンダー志向となり、曲がらんのなんの。
直線はものすごく安定。
これは羽の効力を認めざるを得ない。
コーナリングを考えると、羽はないほうがいいんじゃね?とか思いましたが、バックストレートの安定具合は精神衛生上にいいので、羽付きの方向で後輪のグリップを変えていこうと思います。
今のはソレックスの20Rって一番ソフトなヤツだもんな。28R、24Rを揃えて試してみよう。
前輪のグリップを上げてみるって手もむろんあります。

タミヤのファイバーモールドAを入れると、いい感じのノーズインになるんですが、コーナー出口のパワーオンでリヤブレイク。
トリガーを完全に戻さないと立ち直らず直ドリ→駒に。それではまともに走れん……
それでも羽のおかげでずいぶんマシな方なんですよね。
前輪グリップの向上で勘弁してほしいのが、躓き転倒。
低速コーナーで、進入速度を殺せず転倒するってのは、まぁ下手なりに対処も考えてなんとか走らせられるんですが、曲者は高速コーナーでの路面ギャップを拾って派手に吹っ飛ぶヤツ。
グリップの低いタイヤだったら、滑ってくれて事なきを得るところを、側方倒立回転しやがってくれます(スピード乗ってますもんね~)。

転倒といえば、転んだまま屋根滑りしてくれまして、ボディの傷がすごいことに(笑)
今だ!1ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄       (´´
∧∧   )      (´⌒(´
⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
 ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
ズザーーーーーッ

こんな感じっすかねー。


これはコース外の砂に乗って舵が効かずタイヤバリアに突っ込んだの図。
もともとスーパーどアンダーなので、いつかやると思ってましたので、案の定でした。

次はタイヤを数種試してみます。




0 件のコメント:

コメントを投稿