2010年5月26日水曜日

【ラジコン】デフケースの中身は……

 はい。昨日の続きです。
昨日はデフケースに穴があるとか言いましたが、とんでもない見間違い。
おまえいっぺん眼科行けっていうくらいの見間違い。
おっかしいなぁ……








【リアのデフケースを開けたところ】

穴などなかったので、当然ダスト侵入などあろうはずもない。
むしろ、開けたときに隙間に残っていた砂利っぽいのが入って「いらんことした!」状態でしたorz
ギヤ各部は、いい感じでモリブデングリスが拡がっている様子(だと思う)。
真ん中の大きなギヤがドライブギヤ。左側の穴からは、モーターのピニオンギヤが挿入される。
右側のがデファレンシャルギヤ。
デファレンシャル、通称デフは、左右の車輪の回転差をつける機構があるギヤ。無負荷のとき右輪を時計方向に回すと、左輪は反時計方向に回るってやつ。小回りするときなどに有効な機構。
実車の場合、リミテッドスリップデフってのを装着して、左右に回転差が出ないようにして後輪を滑らせてコーナリングすると早いわけですが、ラジコンでもそういうアイテムあるのかな?
TT01などのラジドリ車用にはありそうだな。HOT-SHOTでそれが有効なのかはわからない。

せっかく開けたので、清掃してグリスアップする。






【リアのデフケース反対側】

ベベルギヤ。こいつが前輪へと駆動を伝えるプロペラシャフトにつながる。
デフケース開けたときに、ゴミが入っちゃったのでキレイキレイにしましょう。開けなければ、そんなことしなくて済んだのだ。






【プロペラシャフトの軸受け】

ここのベアリングは外部に露出しているので、エアーで飛ばしきれなかった汚れがいっぱいついてました。前後輪を連結するシャフトの軸受けなので、一応気をつけておこう。
でもヘタにオイルスプレーとかで流してしまうと、デフケースの内部に流れ落ちるので、その点は留意しないと、結局バラす羽目になると思う。

とまぁ、結論。
デフケースはしょっちゅうバラす必要はない。
ただ、モーターのピニオンギヤは金属製なので、ドライブギヤの磨耗を考えて、あまり負荷のかかりまくる走行は長時間しないようにだけ気をつけよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿